読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮田柔術labolatory日誌

超未熟な青帯が好き勝手、柔術について書いてきます

ヒクソン。

今日久しぶりに図書館に行った。

正確には「行けた。」

特に心が疲れていると図書館には行けない。
活字に興味が無くなるし、例え目を通したとしても中身は全く頭に入らない。
そんな人間が図書館に通えるはずもない。

だから、行ったってことは心身共に調子が良い証拠だ。

ブラブラと本を眺める。眺める。         
特に読みたい本があるわけでもない。
けど、眺める。
それが楽しい。

本は基本的に買わなきゃ意味が無いと思っている。自分が好きな本は手元に置いておきたい。
強迫観念にとらわれたら、すぐに開いて文章を確認できる。
自分にとっての図書館はそのウォーミングアップだ。自分の心の状態をはかる場所。
また記録を残せるかどうか自分を試すんだ。

寂しいことに今はあまり家に本が無い。
自分で処理したのだけど...それはなんて勿体無いことだったのか。
本を処理したことは想い出を処理してしまったことだと思う。


さて、なんか本でも借りようか。
ノスタルジックな気持ちを引きずりつつ、本を眺める。

眺める。眺める。

そんな俺が図書館を出るときに手にしていた本は。

「無敗の法則 ヒクソン・グレイシー

俺は言い訳がましい人間なのかもしれない。

3/6蓮ねラボ練習。

昨日は

 

ホレッタ

三角絞め

アメリカーナ

 

寝技の学校 関節技から

ラペルを出しても相手が腕を出さない場合のラペラチョーク

をやりました。

 

スパーの中では

コムロック

立ちアキレス

などなど

寝技の学校から影響を絶賛受けまくり中!!!!!!!

 

冒頭にチャートで説明があるのも非常にわかりやすい。

買ってよかったぜい!!

 

これからクオリティをあげていこう。

まだまだだから。

 

あとは

これがダメならこれ。

連携が少しづつ出来るようになってきた…かな?

 

昨日の参加人数は三人…。

もう少し人増えればなあ。

…けど増やす努力してないんだよなあ。

 

そういや、LEGEND BB No.400予約した。

6月が楽しみだ。

(柔術関係ない)

寝技の学校 関節技編。とねわざワールドTシャツ。

僕もようやく手に入れたぞ!!

f:id:district6086:20160304162444j:plain

www.amazon.co.jp

...ふあー。
情報量多いすなあ。
緻密。...緻密...。

 

そういや関節技にしぼった柔術本ってなかった気がする。
柔道とかプロレスラーの本ではあったな!

 

藤原組長...とか...?

 

僕はかなーり非力なので関節で一本とるっていうのは正直諦めてました。
しかし!
それは非力を盾にした言い訳なんですね。
どれだけ自分に裏付けされた技術が無かったかよーくわかりました。
俺こそが力任せなのかも...よく逃げられるし。

 

読んでると。
ほー、とか
へー、が止まりません。

 

ん?
これは!?

ブリッジに対しての腕十字固め!!

蓮田にはじめて先生をお招きしたときに教えて頂いたやつ...まんま!すげー。

カッコいいよく見える技はそれだけ裏付けされたものがあるんすね。

図解の丁寧さもそうだけど、
何より言葉でここまで体術を説明できるって素晴らしいよな。
先生の授業受けたらわかるけど、技に関して先生ずっと話できるもんな...。
自信無ければ説明はできないよ。
動かせて理解させるってのともまた違うんだよなあ。話で理解させてくる先生ははじめてだよ。

 

関節技で一本をとりたきゃこの一冊!!
ずーっと持ってられるぞ!!

 

あとあと。。。

今日届いたんだな!!!

f:id:district6086:20160304163029j:plain

やったー!!

夏はこれでキマリじゃん!!!!

ちょい開けるのもったいないな。

大賀幹夫@蓮田柔術labolatoly。

いや、ほんとにそうです。
自分ほど生意気な青帯はいないかもしれません。
(人間的にも)
 
そう!昨日は!
あの!
「大賀幹夫」
先生が蓮田にいらっしゃいました!!!
 
ほんとにすごい人なんだよなあ。
 
目からウロコのハーフガードセミナー。
(YouTubeにアップ予定)
 
蓮田には勿体ない...
けど、
GT-BASEさん、野武士さん
からご参加頂きましたおかげで
少しは先生を困らせることなかったかな...
 
自分は基礎にまだまだ穴があるので恥ずかしいことも多いんだよなあ。
ブログで生意気なこと書いてるけど、ホントまだまだです。
 

f:id:district6086:20160222212432j:plain

 
小澤先生からはお土産まで!!!
ありがとうございました。
美味しく頂きました!
 
夜は先生と自分と蓮田マッチョドラゴンと3人で懇親会。
 
先生と飲むのは二回目だけど、
飲んだあとに自分は生意気だなあとつくづく感じる。
むしろ、自分が尊敬できる人に生意気しちゃうんだよなあ。普通逆なのに。悪いとこです。
 
と、生意気ついでに
自分とこのパッチはれだの、
誕生日プレゼントくれだの
ずーずーしさ全開!!
(普通の先生ならどつかれてるよ)
 

f:id:district6086:20160222212458j:plain

 
先生、前回に引き続きすみません...。
 
毎回ためになるのは柔術だけじゃないんだよな。
俺もあんな大人になりたいぜ。

シークレットスパー。

スパー→技→やった技を使うスパー

 
流れが出来上がりつつある。
かも?
 
強くなるのにはそれぞれやり方があると思う。
で、今は上記で成り立ちつつある。
だから良い!
 
ホレッタ
ブラボーチョーク
 
自分は
ハーフからの脱出とスイープ
がうまくなってきたかなあ。
エスケープできれば大抵は怖くない!
 
...何かを教えるのは難しい。
自分のモノにしていないといけない。
プレッシャーもあるからよく覚えないといけないしな。
ということで蓮田マッチョドラゴンこれからも宜しく。
 
そういや!
今更ながら007カジノロワイヤル観たんだけど、寝技結構出てんな。
↑こういうの見つけ出したら病気。
 
柔術楽しいな。
 
追記
ランデルマンが死んだ。
合掌。
 

f:id:district6086:20160214124451j:plain

2/7蓮ねラボ練習。

昨日は練習日。

みんな楽しそうでした。

 

マウントからのスイープ二種類。

コンバットベースからのパスガード。

スパー。

 

をやった。

 

偶然か必然か。 彗星の如く現れたホレッタ使い。

しかも極められた...

 

みんな動きが柔術になってきたところで大きな問題...

 

力を抜け。 が口癖だったんだが、

まさか、、 力の抜き方がわからない!! 力抜いたら、バランス崩す!!

との声が!!!

 

ええ〜... そこまでになるともう説明が難しい...

もー。ざっくりと。ざっくりとだぞ!!

 

説明しよう!!!

f:id:district6086:20160208205626j:plain

はーい。

 

動きの中でも動と静があると思う。 動を剛とするなら静は柔。

 

で、僕は何もグニャグニャになるまで力を抜けと言っているわけではない。

そしたらなんもできないに決まってる。

というか、じゃああんたどうやって歩いてんの? って逆に聞きたい。

歩くのに力は使ってない? いやいや、使ってるから歩ける。

ただ歩く力は剛ではない。柔だ。 無意識な動きには剛はないと思う。

 

剛の力を使いたければ試合出ればいい。 で、思いっきり人を極めちゃえば。

ちなみに、極めるときの力は剛で良い! じゃないとなかなか極まらないよ!!

 

...まあ、ここからは愚痴になっちゃうけど、 あまりにも見当違いなこと言われても困る。 うーん。前回の日記にも書いたが、そういう人に限ってなにも見ないんだよな...。

 

f:id:district6086:20160208205314j:plain

ショッカー蓮田支部が柔術怪人を作り出す現場を偶然撮影に成功したぞ!!!!

白帯Mk-Ⅱ。

とある先生の考え方にビビッときたものがある。

「初心者から白帯になるのが一番難しい」

聞いたことあるなんて知ったかぶりするバカもいるだろう。
多分意味はわかってない。

同じ帯巻いていても実力差は生まれる。
白帯を巻くことは誰でもできる。
柔術と名のつく道場に行けばいい。

だけど、技を覚えて使うのは難しい。

うろ覚えな技術で力任せな人。
パスできりゃいいんだ。とかひっくり返せればいいんだ。
とか考えてるアホいるけど。

それは同じ階級で通用してる?と問いかけたい。

そういう人は柔術やらないで相撲でもやりゃいいと思う。

できないのはいい。
だけど人から学ぶ姿勢がまったく無いのは如何だろう?

色帯になる。
これはあまり重要ではないと思う。
だけど白帯の時に大切なことを学ばないと色帯にはなれない。

白帯時に大変な思いをすると、今白帯の人たちに伝えたくなる。

変なクセつけるな!!
良い先生や良い先輩を見つけて言うことを聞け!!

自己流は恥をかく。こと柔術においては!!

結論。
スパーで動く動けないは関係ない。
柔術の技を使ってるか使ってないか。
それによってはじめて初心者から白帯になったと言えるんじゃないでしょうか。

結論2。
初心者から白帯にしてあげるのは指導者。
良い指導者になるのはもっと難しい。
人を教えるのは並大抵ではない。
良い先生が「身近に」欲しいなあ。

あー。
出稽古行こう!!!
モチベーションあげるぞお!

ということで次は出稽古編だ!!