読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮寝Lab.日誌

超未熟な青帯が好き勝手、柔術について書いてきます

ヒクソン。

今日久しぶりに図書館に行った。

正確には「行けた。」

特に心が疲れていると図書館には行けない。
活字に興味が無くなるし、例え目を通したとしても中身は全く頭に入らない。
そんな人間が図書館に通えるはずもない。

だから、行ったってことは心身共に調子が良い証拠だ。

ブラブラと本を眺める。眺める。         
特に読みたい本があるわけでもない。
けど、眺める。
それが楽しい。

本は基本的に買わなきゃ意味が無いと思っている。自分が好きな本は手元に置いておきたい。
強迫観念にとらわれたら、すぐに開いて文章を確認できる。
自分にとっての図書館はそのウォーミングアップだ。自分の心の状態をはかる場所。
また記録を残せるかどうか自分を試すんだ。

寂しいことに今はあまり家に本が無い。
自分で処理したのだけど...それはなんて勿体無いことだったのか。
本を処理したことは想い出を処理してしまったことだと思う。


さて、なんか本でも借りようか。
ノスタルジックな気持ちを引きずりつつ、本を眺める。

眺める。眺める。

そんな俺が図書館を出るときに手にしていた本は。

「無敗の法則 ヒクソン・グレイシー

俺は言い訳がましい人間なのかもしれない。