読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蓮寝Lab.日誌

超未熟な青帯が好き勝手、柔術について書いてきます

やめてないよ!

めちゃくちゃ久しぶりの更新ですf:id:district6086:20170329232616j:plain

なんと、一年ぶり!!

そう。一年。

色々あっ...
いや、なんもない。ただサボってただけ。
とあるきっかけあって思い出し更新。

柔術はやってました。
なんかね、少しずつ仲間が増えました。

先日も白カニ付き添いしたしたー。

ということで、ゆっくりですけど。やってるわけです。

僕は相変わらず、青帯です。
多分、一生です。
かまいません。

さて、今日は一般の人からする
柔術青帯」のイメージについて。

道着を着ている武道をしていると必ず
「何帯か?」
があるベクトルを示すと思う。

それは質問を受ける人間の熟練度を測るためにある程度理解できる質問、疑問だと思う。

で、僕はあまり柔術をやっているとは人には言わない。
きっかけがあれば言うけど、なけりゃ言わない。

何故か。

青 帯 だ か ら だ !!

柔術?なにそれ。どれ位やってんの?」
「ギュッとしたら4年位かなあ。」
「なにそれww黒帯?」
「青...」
「は!?4年もやって、青!?ふあwww」

となるから。

まー、これ面倒くさいの!
柔術から説明するの。途中から熱くなってしまうし。
だから言わない。

ちょい話それちゃうけど。
柔術って始めただけでもスゲェって思うんです。僕は!

敷居が低いのに、始めるのには勇気いるんだよね。柔術

こないだ、新しく入ってくれた子が技研してるときにポツリと
「非日常...」
って呟いたのを聞いて笑ってしまった。

たしかに寝技って理解し難いもんな。

うー。
けどさ、けどさ!!
ある程度練習したら強くなっちゃうんだぜ!
柔術の白帯でも強い人は強いし。

大体、青の一個上の紫帯なんて、僕からしたらそれだけで憧れ。
紫なんて夢のまた夢。

...

ちょいどころじゃねえや。
めちゃ話ずれた。

ま、これからもゆっくりやってきますです。